新年あけましておめでとうございます!2020年のはじまり!

2020年がはじまりました。店長は元気です!

2019年は、SALAを愛してくださるお客さまをはじめ、家族、スタッフ、友人、縁をいただき出会った方々。支え、励まし、伴走してくださったみなさま。様々な思いやりや力のおかげで今の私があることを本当に感謝しています!
2018年の年末を振り返ると、今の状況が想像できないほどしんどい時期でした。肉体的にも精神的にもへとへとになっていたことをはっきりと覚えています。

後に2019年振り返り編のSALAのブログでも書こうと思うのですが、それに比べると、2019年は本当に信じられないような出来事がたくさんありました。

縁が縁を呼び、それはすごく大きな力になり、様々なことがあったのですがその力のおかげで幾度も無事に乗り越えることができました。

乗り越えた先から見える景色は決して特別なものじゃなくて、いつもあるはずの景色がいつもより鮮明に見えているような。壮大な自然を感じるような感覚に似ていました。

そして、私の世界もぐっと広がった2019年。

大学のときに出会った「脱・身の丈」という考えのもと10年以上がむしゃらにやってきました。自分の身の丈は自分で決めるべきではなくて、そこに限界はないという精神論は決して間違いではないはずなのですが、今年は様々な場面で「これはさすがに無理だ」「人に迷惑掛けそう」と自分の限界を感じる瞬間が本当に多かった。努力だけでは越えられないことがある、と認めざる得ないようなことが多く、自分の根本的な考えを否定するようで悔しかった。

そんなとき、とある方に

「まずは自分の定めた限界に向けて精一杯やり切る、努力する。それがどんな結果であれ、努力の過程を振り返ることによってはじめて、自身の活きた【経験】となる。」

といわれました。

そのときに初めて、今までにないほどすごく気持ちが楽になって、乗り越えるために自分の定めた限界に向かってただただ全力で走ることができました。

限界を決めて、そこへ向かう過程で「助けて」「しんどい」「もうだめだ」という今までなら飲み込んできたネガティブな言葉も、いざ吐き出してみると、気持ちが少し楽になったり、それを聞いて一緒に乗り越える方法を考えてくれる方が出てきたりした。そして、それをたしかな自分の「経験」にすることができました。

2020年、また新たな縁に出会えることを楽しみに。そして私も皆さんにしていただいたことを誰かに返せるように。変わらずまっすぐ進みたいと思います!

みなさんにとって素晴らしい1年となりますように!

またSALAで元気にお会いしましょう!