【飲食店向け】8月11日(水)15:00–16:30@オンライン「ピンチをチャンスに!DXで飲食業界の未来を切り開く」
【飲食店向け】8月11日(水)15:00–16:30@オンライン
「ピンチをチャンスに!DXで飲食業界の未来を切り開く」
 
にてSALAは「飲食の現場」からの視点として登壇いたします。
コロナに翻弄されて1 年半、SALAとして行なってきたデジタルを活用した取り組みなどをご紹介します。とは言っても、コロナになるまではフードデリバリーなどは最終手段だと考えていたような私でしたが、今ではfoodpandaなどフードデリバリーが売上の一つの柱になりうると考えています。先進的な技術を活用できていなかった(やりたくない言い訳ばかりしていた)ことは、自分の努力が足りないことを意味していたと、導入した今では感じています。コロナが一つのきっかけだったと思っていますが、
店舗で飲食をする以外に、お客さんが飲食できる場面を選択できる時代です。店内飲食以外に、デリバリーや通販を活用できる。
「コロナになってから」とひとくくりにしても、飲食として、この1年半で様々なポイントがあったと感じています。
そのポイントでの状況に対して、考え行った打ち手とSALAならではの工夫。
少しでも飲食店のみなさまの励みや新しい取り組みへのチャレンジのきっかけになれるようお伝えできる情報を全て開示して頑張ります!!
神戸市、foodpandaからの有益な情報も盛り沢山です。
ぜひ、ご参加ください。
 
ご予約の上ご参加ください
▶︎https://peatix.com/event/2181082
 
【イベントについて】
コロナ禍でテレワークの普及やクラウドサービスの活用など日本のデジタルトランスフォーメンション(DX)は一気に加速しました。一方、苦しい状況が続く飲食業界においても、デジタルや支援制度の活用を通じ、業務の効率化、新規顧客の開拓や新しいサービス開発を実現した事例も出てきています。
今回、関西を中心とし、飲食店経営、行政、サービス事業者、プロモーション支援、各領域でのスペシャリストをお招きし、飲食業界の現状と未来の可能性についてお話しいただきます。
レストランビジネスの経験に基づいたノウハウ、デジタルやデータを活用した成功事例や、サステイナブル経営に向けた支援など、関西だけでなく、日本全国で活用できる新規サービスやビジネスモデルのアイデアを共有いたします。
●レストラン経営の現場から見たコロナ禍の現実とデジタル活用事例
●サステイナブル経営に向けたデジタルプラットフォーム支援
●地域密着型デリバリーサービスの魅力と可能性
●正しい情報を届け、様々な業種を繋ぐ仕組み作り等
飲食の現場から、経営戦略、事業企画などに携わっている方々に、テクノロジーを活用した成長へのヒントとなれば幸いです。
また、飲食業界、ホスピタリティビジネスに携わっていない方も、不確実性の増す時代に求められる成長戦略を知る絶好の機会です。
みなさま是非奮ってご参加ください。
尚、セッションは日本語で提供します。
【パネリストについて(五十音順)】
クラウドファンディングやSNSをフル活用するデジタルマーケティングの達人、レストランSALA店長 黒田尚子
地域密着型を目指すfoodpanda 関西におけるその旋風の現状を語る デリバリーヒーロージャパン株式会社 事業拡大部長, 西日本 近藤 正恵
市民の声とニーズを汲み取り、デジタルとアナログを組み合わせて最前線で対応する 神戸市経済政策課 長井伸晃
オンラインでの集客から考える、デジタルサービスと地域コミュニティとのいい関係。 株式会社神戸デザインセンター 代表取締役 濱 章浩
※講演内容や配信時間につきましては変更になる場合がございますので、予めご了承下さい。
Event Overview
Japan’s restaurant and hospitality industries have been devastated by Covid-19 countermeasures. But the crisis has also brought about new opportunities and, thanks to the use of data and digital technologies, many success stories.
Join us for this virtual event at which a Kansai-based panel comprising a successful restaurant owner, a creator/designer of restaurants and cafés, an official from a local Kansai government, and the leader of fast-growing delivery service Food Panda share their best practices and experiences. They will also highlight areas of opportunity and trends in the restaurant business coming out of Covid-19—ideas that not only relate to the Kansai region but could be effective across Japan.
Whether or not you are in the restaurant or hospitality business, this is a great chance to learn from the challenges and successful strategies of these highly volatile and challenging times.
The discussion will be conducted in Japanese.
NOTE 1: This event is ON THE RECORD.
NOTE 2: Please note that, as with all guest presentations, the content and comments of the speakers reflect their own opinions and do not necessarily represent the opinions or policies of the ACCJ.
NOTE 3: If you cancel after the stated deadline, the full meeting fee will be charged to your account.
ACCJ-Kansai External Affairs Committee
Steve Iwamura, Chair
ACCJ-Kansai Business Programs Committee
Mie Kitano and Yasumasa Sakamoto, Co-chairsoin in, get tickets now!
The following two tabs change content below.